眠らない外国為替市場

外国為替市場では、世界中の国や地域で発行されている通貨が売買取引されており、そのことによって、それぞれの通貨の価値が決定されています。

この外国為替市場は、日本時間で言えば月曜日の早朝から開場し、土曜日の早朝に閉場されるまで、24時間ずっと開かれており、またその間もずっと取引きが行われ続け、それにより為替レートは秒単位で刻々と変動を続けているのです。

これは、外国為替市場の特性によるものになります。
外国為替市場は、世界の国々に点在しているそれぞれの為替市場が、インターネットなどの通信網を介して、相互に連携を取り合いながら形成されている、いわば仮想市場のようなものになっています。

それぞれの市場では、開場時間と閉場時間と、土曜日、日曜日、祝日は閉場するという形がとられているのですが、先の市場同士の連携により、市場同士が時に並行して開場していたり、ほかの市場の取引きをまた別の市場が引きついたりしながら、ぐるりと地球をめぐるような形で開いているイメージになるのです。

例えば、日本の時間に合わせて1日の流れを追っていくと、朝の午前4時ごろにオセアニア地域のウェリントン市場の開場で始まり、シドニー市場を経てアジア地域である東京市場、シンガポール市場に移り、続いて中東地域のバーレーン市場、ヨーロッパ地域のフランクフルト市場、ロンドン市場を巡り、アメリカ地域のニューヨーク市場へとつながっていき、このニューヨーク市場が終わるころには、またウェリントン市場が開場するという形になっていきます。

こうしたことから、通貨を銘柄にしたFXなどの投資取引は、基本的に24時間いつでも行えるという事になるわけです。

また、このような連携からそれぞれの時間帯にも相場の様相があり、例えば三大市場の一つであり世界で一番の取引量を持つロンドン市場と、基軸通貨の発行国であるニューヨーク市場が並行して開場する時間帯はゴールデンタイムなどと呼ばれ、大変に市場が活況になったりします。

この他にも、三大市場の残る2つであるニューヨーク市場と東京市場の間の時間帯は、通貨の取引量も流通量も少なくなるために、売買取引が少し重なるだけで為替相場が大きく動くことや、ニューヨーク市場の終値と、東京市場の始値がリンクすることから、その間に為替レートが離れていっても、再び元に戻るという特性が起きる傾向もあります。

このような特性を掴んで相場を読み解いていったり、取引時間を限定して投資を行っていけば、より利益を獲得しやすくなるでしょう。

FX取引を行う上では、24時間いつでも投資を行えるという事は大変な強みで、例えば、株取引では午前中と午後のわずかな時間でしか投資が行えませんが、FXではそうした時間の制限がありませんので、に宙に忙しいサラリーマンや学生、まとまった時間が取れない主婦の方たちでも、短い時間、選ばない時間帯での取引きで投資に参加できる機会がぐっと増えたと言えますので、より有利な状態での取引きが行えるのです。