気になる節税対策について

sd7s998iu真の意味で成功したFXやバイナリーオプションの意味について考えてみましょう。FX取引に成功して利益が出た場合、頭を悩ませるのは節税対策ではないかと思います。折角あげた利益です、出来うる限り少ない額にしたい場合、どうすればいいのでしょうか?

まず、必要経費を差し引くことで大幅な節税になるのです。就労所得以外で得られた金額は雑所得として一括されるのですが、その獲得の際に生じた必要経費は確定申告時に届け出ることが出来ます。つまり、実際の利益額を減らすことで納税額を減らすことが出来るわけです。必要経費に計上できる代表的なものは以下の4つがあります。

1.通信費
FX取引は主にインターネットを介して行われますので、プロバイダの使用料金が該当します。また、取引会社への電話のやりとりや郵送での書類発送などにかかった代金も計上が可能です。

2.書籍代
経済紙や経済に関連する本、雑誌は必要経費として計上が可能です。

3.消耗品費
ボールペンやノート、印刷用紙などの消耗品は10万円未満の購入額の場合、必要経費に計上可能です。

4.交通費
FX関連のセミナーに出席した場合など、公共交通機関の交通費を必要経費として計上することが出来ます。

関連サイト: ハイローオプション.com

以上の4項目ですが、申告する際にその証明となる領収書が必要となります。チリも積もれば山となりますので、多少の申告の面倒さに目をつぶってでも領収書はきちんと整理しておきましょう。

FXにかかる税金ですが、まだ不確定な部分も多く、税務署によってはその取り扱いに差が出ることがありますので、確定申告前に事前相談をなさるのがよいでしょう。

また、口座を二つ作り、分散させることで納税額を少なくするというテクニックもあります。これは、雑所得がかかってくるのが給与所得のあるサラリーマンの場合で20万円を超えた場合、給与所得のない専業主婦の場合で38万円を超えた場合なのを利用する方法です。

例を挙げてみましょう。サラリーマンである夫が1口座のみでFXを行い、30万円の利益を上げた場合、雑所得の限度額である20万を超えているために納税の義務が発生します。

しかし、夫婦で1口座ずつ、計2口座を作った上で取引を行い、夫の口座で10万円、妻の口座で20万円の利益を出した場合、他に雑所得がない場合は上記と同じ30万円の利益でも税金は発生しないことになるのです。このように、複数人数での口座開設による利益の分散は重要な節税対策の一つとなっています。実際に取り引きを始める前に、FXやバイナリーオプションの規制、税対策等の知識をつけることをお忘れなく!